LOG IN

tapir

by airlie

夜が長い ずっと眠れない 朝が来たら気が抜ける

大きな声で泣きじゃくる自分ばかり想像してる

夏が終わるせい、飲みすぎたせい、台風のせい、今日は何のせいにしようかとか

少し離れただけで あの時隣にいたのは別人だったんじゃないか なんて思ったりして あれだな

口に出すと 心は止めどなく溢れ出していく

文字にしたら じわじわと内側から蝕んでいく

そんな感じ

知らないことがあるから 知りたいと思ってしまって もっと深い深い場所へ進んでいく

ぼくが知っているのは ぼくが見ているそれだけ

それ以外はもはや違うものなんだから 悩まなくて 傷つかなくて 苦しまなくていいのに

うん、分かってる、ちゃんと選んでるな

弱音吐くのも だめになるのも 人間らしくて大いに結構

ぼくがかっこいいのは 思う存分吐き出した後 しっかり強く胸を張って歩けるとこだよね

次から次へと浮かんでくること こっそりノートに書き溜めてるの いつか一緒に笑ってほしい

灰色が見えた時 ノートの1番最初のページ 奇跡みたいなこと 何度も繰り返し心で想って強くなる 魔法みたいだから

ぼくはもう魔法使いかもしれないね、

OTHER SNAPS