LOG IN

アレルギー

by airlie

ぼくのストレス発散方法は ストレスの大きさに比例して「要らないものを買う」<「髪を染める」<「髪を切る」となる
でもこの要らないものを買うっていうのが本当に勿体無いなと思うようになって 最近は"要らないもの"を"¥500までで買える指輪一つ"に変えた
身に付けるものにはこだわりがあるほうなので 安くても変なのは買わないし でも安くて可愛いものを探すのって少し時間はかかるから 夢中で探し歩いてる間になんか知らんけどすっきりしていたりする
単純なぼく ありがとう
安いアクセサリー屋さんありがとう
安くて可愛いは正義

 
小学生の頃 地元のラジオ体操に行くと ご褒美としてお菓子や筆記用具が貰えた
ある時貰えたのがたしか香り付き消しゴムで 係のお姉さん(今思えば誰かしらのお母さんやったんやろうな)のとこに行くと 「あなたは女の子やからピンク色ね」ってピンク色の消しゴムを貰った
ぼくは水色が好きやったのに ぼくは男の子じゃないので水色の消しゴムは貰えなかった
そこからものすごいピンクアレルギーになってしまうという 捻くれ単純小学生
そして現在進行形
世の大人たち、子供に固定概念を押し付けてはいけません捻くれて育つ可能性があります

 
でも自分が女という生き物であることを なんだか楽しく感じてる 
半身浴、ストレッチ、いい香りのボディクリーム、お気に入りのシャンプー、少し甘めのボディミスト、新作のデパートコスメ、ダイエットとにらめっこしながらのスイーツ、なんか全部楽しい

春には24になるのに 今までこういうことにめっきり興味がなかったから 新しいものに触れて柄にもなくテンション上がってしまってるんやな うんうん いいと思う
今年こそはお料理 できるようになろうね

 
昨日は息をするのも悲しくて 泣いて 1人じゃ消えてしまいそうな夜やった
「 息をするということは 空気を吸って 吐いて また吸って 吐くこと 」
眠る前にはそんなことを考えながらやさしい気持ちになってた
書きかけの歌詞、今日こそは書き上げる

 

airlie ライブ初めでした
明日も明後日もライブハウスで歌が歌える
心が穏やかになっていきます
待っていたよ、なんて思ってもらえたら嬉しいな 今年も都合よく使ってください


airlie
OTHER SNAPS