LOG IN

きらきら

by airlie

昔の恋人が夢の中で泣いてた 目が覚めた時つられて胸が苦しくなってる自分がついた溜息が重かった まだ記憶の底にかけらが残ってるのかと思うとじわじわ墨みたいな黒が広がるのが分かる ぼくは誰でも救えるわけではないみたい

新しいネイルがきらきらでうれしくて ほんの少しだけ申し訳ないきもちになる
きらきらを纏って生きてる人は強いひと
自分のきらきら成分を数えて あまりの少なさにびっくりして 膝から崩れ落ちそう
でもぼくは 色んなきらきらを増やすより 今あるきらきらをもっとぴかぴかにしたい かもしれない もっとまっすぐにつよく

「今日はりんごのボディクリームの匂いがつよいから きっと心が悲しい日なんだね 仕方ないからやさしくしてあげる」なんて言ってくれる王子様はいないけど いたらすっかりダメな女に成り下がってるだろうけど 自分で自分のSOSに気付いて ダメな日を受け止めて どうにか1日を過ごし抜くしかない

気持ちいい日差しとか 舞う桜の花びらとか お気に入りのワンピースとか 少し前にもらった言葉とか 新しい曲のかけらとか
そういう一つ一つでクッションを作って 心のまわりをふかふかに包んであげる
りんごのボディクリームも多めにつけて 

 あんまり色んなことに名前をつけすぎると どこにも行けなくなりそうだから ちょうどいいくらいを考えて 慎重に大切に
名前がつけられたものは 何度も思い返して 身体をあたためて 頭の隅っこに仕まっとく
ずっと真ん中にいちゃいけません
ずっと真ん中にいちゃいけません
えらいえらい できるこ

明日からUTSUTSUのリリースツアーがはじまります まあ勝手にツアーって言ってるだけやけども とにかく沢山ライブします
歌ってるときがいちばん自分のこと好きでいられるので そういうぼくって最強なので つよがり仲間のみなさんは どうぞ背筋を伸ばしていらしてください 
春の陽気に負けんなよ 


airlie
OTHER SNAPS