LOG IN

ギター

by airlie

家の真ん前に小さい楽器屋さんができるらしい。通り過ぎる時 ちらっと中を見てわくわくした。

楽器屋さんって苦手だった。
自分より遥かに多くの知識を持っている店員からすれば ぼくみたいなギター初心者(一応6年も弾いてるのに)みたいな人間のことはおかしくて仕方ないやろうな、心の中で笑ってるんやろうな、あー視線感じるーー、という捻くれマイナス思考の人間だったので 消耗品を買いに行く以外には極力楽器屋さんには寄り付かなかった。

ギターも全然好きじゃなかった。
出来ることなら弾きたくなかったし 歌だけ歌ってたかったし、でも自分が作ったものを誰かに任せたいと思えるほど人を信頼することが得意じゃなかったので、正直歌うために"仕方なく"弾いてた。
 
年末恒例の1年を振り返りながら感傷に浸るやつ、を半身浴しながらしてたら、そういえばここ1,2年でものすごくギターが好きになったなと気付いた。なんか可愛いと思ってしまうほどに。特に「恍惚」を書いた時と今のギターに変えた時、この2つはターニングポイントやったんではないかと思ったり。

ものすごくナルシスト的な言い方をすると、最近のライブ中は ギターが歌に寄り添ってきてくれて メロディにぐるぐる巻きつきながら流れていくような感覚。歌ももっと好きになれた。
今までサボって逃げてきてしまった分、もっと音にも弾き方にもこだわりたいし上手くなりたい。
でも来年はピアノ弾けるようになりたいです。

お酒を飲まないといけないとき というのが時々あるんですが ウイスキーだけは本当に飲みたくないんです

曲を書かないと一人ぼっちになってしまうんじゃないか なんて 本当に馬鹿な不安でいっぱいになって また曲が書けない
見返りを求めないことと、不安を押し殺すことは、違うのにどうしても追いかけてくる
眠っても眠っても なくなってくれない
あしたはいいひになる、なる、なる


airlie
OTHER SNAPS